2013-07-30

*視*デビルズブリッジで肝試し?!

こんにちは。

モンスーン期に入ったとはいえ、連日暑い日が続いているセドナです。
今回はスリリングなハイキングコース、その名も“Devil's Bridge”をご紹介します。

セドナのハイキングコースの中でトップ10に入ると言われているコースですが、
高所が苦手な方は腰を抜かしてしまうかもしれません!

その“悪魔の橋”を目指すハイキングコース、
トレイルの入り口は、アップタウンから南に20分ほどのDry Creek Rd沿いにあります。
しかし、トレイルのスタート地点までは道が塗装されていないので、
ジープなど四輪駆動車でないと進むことが難しく、普通車は手前の駐車場に止めて
30分程そのでこぼこ道を歩くことに・・・。




このでこぼこ道歩くのはちょっとしんどいかも。。。という方には
こちらのツアーがおすすめです!

>>> デビルスブリッジ ハイキングツアー

4駆のジープに乗ったままトレイルの入り口まで行けますよ。
オフロードでのオープンジープ乗車体験も楽しめます!!



この日は10時くらいに駐車場に着いたので、気温は高く、すでにへとへと。。。




やっと“Devil's Bridge”トレイルのスタート地点まできました。
帰路につくハイカーたちは口々に
「ここから橋までは遠くないよ!階段をたくさん上るよ!」と。
確かにガイドブックには1マイル(約1.6Km)ハイキングと書かれています。


スタートしてすぐ右手に、バランスロックと呼ばれる岩を見ることができます。
今にも落ちてきそう!


レッドロックでできた階段をぐるぐると上っていきます。どんな橋なのかまだ全く見えません。



途中、ここがゴール?と思うような視界の開けたすばらしい景色が広がります。
ここから狭く急になった階段をさらに上ると、感動的な景色が待っていました!!



自然が作り出したレッドロックの橋。
橋の真ん中まで行くのは慎重に一歩一歩!
橋の上から遠くを見るのも下を見るのも勇気が要りました〜。


空気はとても澄んでいて、時折吹く風の音だけがやさしく響いていました。
鳥になって空を飛んでいるような気分!


この絶景の写真を撮りに来る人も多くいました。



復路で橋の下に行ってみました。さっきはあの上に居たんだ、と不思議な気持ちに。

“Devil's Bridge”の上に立つぞー!というゴールを目指して歩くこのトレイル。
たどり着くと、上りがきつかったことも暑さも吹き飛んでしまうほど、
本当に感動的な景色を堪能できました! 


この日は暑くて、犬たちも日陰で休憩。
夏のこの時期は涼しい早朝のハイキングを強くおすすめします!!
飲み水もたっぷり持ってくださいね!



2013-07-17

*味*Cowboy Clubで食すサボテン、ガラガラヘビ、バッファロー!

こんにちは!

モンスーンシーズンに入ったセドナ。一時期の猛暑は落ち着きましたが、
まだまだ日中は30度を越える夏日が続いています。

本日はセドナでおススメレストランのご紹介!
セドナは小さな街ながら観光客やプライベートジェットでやってくるセレブ達を
満足させるような、質の高いレストランが集まっているんですよ!

今回は街の中心アップタウンにあるCowboy Clubというお店をピックアップ!



こちらのレストランはセドナでもっとも歴史のあるアメリカンレストラン。
1950年代、セドナで西部劇映画が盛んに撮影された際には
多くの役者達が集ったようで、店内には当時の写真なども飾られています。
あのエルビスプレスリーもご来店~!

ここでのおススメは名物サボテン、ガラガラヘビ、バッファローが
一度に食べられるこちらの3点盛りアペタイザー♪



◎サボテンのフライ(手前)

サボテンは食物繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含む健康野菜として
ネイティブアメリカンの時代から食用として使われてきました。
サボテン自体は少し酸っぱさを感じますが、スパイスが効いた衣が
サクサクしていてビールのおつまみには最高!

◎ガラガラヘビの肉団子(右)

セドナで山歩きをしていると出くわすことがあるというこのガラガラヘビ。
こちらはヘビのお肉を肉団子のようにしているお料理ですが、
味は白身の魚や鶏肉のように大変淡白で、全くクセのないお味です。

◎バッファローの串刺し

ネイティブアメリカンの人々には神聖なお肉とされるバッファロー。
こちらのお肉はクセはなく、大変旨みがあって美味しい!
まわりの甘酸っぱいソースともよく合います。


こんなメニューもありますよ!


バッファローのお肉を使ったハンバーガーとサボテンのフライ
ボリュームたっぷりです~!

アップタウンでお店を探すには、

こちらの馬や


優雅に踊るカップルが目印です!



セドナで活動的に過ごした日、ガッツリ食べたい!と思った時におススメの
ボリュームたっぷりなカジュアルアメリカンレストラン。
古きよきアメリカ西部の雰囲気を楽しんでください!


Cowboy Club
241 N. State Rd. 89A
www.cowboyclub.com
営業:毎日11時~22時

2013-07-02

*聴*モンスーン突入!“サンダーマウンテン”にも雷が!

こんにちは。

セドナは毎日暑い日が続いています。
最高気温は40度を超えることもしばしば。
最近では気温が30度前半だと涼しい!と感じてしまうほどです。

そんなセドナも7月に入りいよいよモンスーンシーズンに突入しました!

今日は午後から黒い雲が目立ち始め、蒸し暑さが増し、
遠くの方ではゴロゴロと雷の音も。

いよいよ来たか!

ピカッ

と光が見え始めたら、ある場所を確認したくてウズウズ。
そして小雨の中カメラを片手に向かった先は

"サンダーマウンテン"

と名づけられたレッドロック。

「雷が沢山落ちるからそう名づけられたんだよ。」

とは聞いていたものの、今まで雷がなるようなお天気がなかったので
内心ほんとうかなぁ、と思っていました。

晴れている日のサンダーマウンテンは



こんな感じ。

ちょっと高台から見ると



ウエストセドナにドシッと構えています。


そして今日の午後は



背景はくろーい雲に覆われていました。

本当に雷が落ちるんだろうか、と小雨の中雷待ちをしていたら。。。


光りました!!


そしてサンダーマウンテンのど真ん中めがけて稲妻が!

その後も何度か稲妻を確認しましたが、
残念ながらカメラにおさめるのは難しく、
雨も強くなってきたのでやむなく退散しました。。。


これでようやく

「この山には雷が落ちます!」

と自信を持ってご案内できそうです。

このサンダーマウンテンは、ディズニーランドにある人気アトラクション、
″ビックサンダーマウンテン″のモデルになったと言われています。

ディズニーランドの創始者であるWalt Disney氏はかつて
セドナに滞在していたそうで、この山を見てあのビックサンダーマウンテン
のアトラクションを思いついたとか。

今日はこの雨のお陰で夕方には気温がぐっと下がり、
久々に天然クーラーを満喫しています。

モンスーンシーズンは7、8月と言われています。
毎日この雷雨も困りますが、この時期たっぷり雨が降るからこそ
セドナのレッドロックに映える緑が保たれるんですよね。
そういうことならこの先2ヶ月は雨を楽しみますか!