2016-06-27

*視*新オープン!テラカパキ Northは女子の買い物心を刺激しまくります!!

こんにちは!

セドナ、夏です!暑いです!
そして2,3日前から雨のにおいがプンプンと。
そろそろ今年も雨季に突入しそうな雰囲気ですよ~。

さて本日は、先日やーっとオープンしたテラカパキ Northをご紹介いたします!



アップタウンからも徒歩圏内にあるおしゃれなショッピングゾーン
テラカパキ(Tlaquepaque)は緑が多くてお散歩しているだけでも
気持ちの良い空間。ギャラリーやお土産物屋さん、レストランも充実です。

その別館が先日長い工事期間を終えて、やっとオープンしました~!


場所は大通り179号線を挟んだすぐ向かい側。
上の写真の地図だと右側部分です。

テイストはもともとあるテラカパキのまま。
新しい場所なのにアンティークの雰囲気漂うオシャレな空間です。

まず目に留まったのがこちらのお店。


こちらはキッチン用品を取り扱うお店、The Artist's Kitchen Shop。
もう入った瞬間からテンション上がること間違いなし!な空間が広がりますよ♪



あ~こんなのキッチンに置いたらテンション上がる~的な物ずらり。



ちょっとお土産になりそうな物もあります!



あ~、もう買い物心が刺激されまくり~、で次のお店へ



こちらは洋服屋さん、Caravana Clothing。もともと本館の方にあったお店ですが、
広々とした空間になってオープンしてました。

コテコテのサウスウエスタン調でない洋服が並びます。


なんだかセドナじゃないみたい、な都会的なお店。

あ~、こちらでも物欲がふつふつと湧き上がってしまいました~。

この他にもう1軒ジュエリーショップが近日中にオープンするようです。

そして



ここも近日中にオープン。
こちらはカフェスタイルのレストランになるようで、
中を覗き込んだらもうほぼ出来上がっている様子でした。
オープンしたらまたレポート致しますよ~。

これからセドナは雨季に入り、屋外で遊べない時間も増えてきますが、
そんな時には是非こちらへ!
本館と比べると小さな敷地でお店の数も少ないのですが、
訪れる価値あり!なオシャレ空間が広がります☆

Tlaquepaque(テラカパキ)
336 State Route 179
営業時間:お店は10AM~5PMです。

本日もご訪問ありがとうございます!
☟ブログランキングに参加中です!皆様の1クリック応援お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村



2016-06-08

*視*アムトラック鉄道に乗って!フラッグスタッフからロサンゼルスまでの旅

こんにちは!

あらら、気がついたらもう6月でしたね。
5月の記憶がほぼ無いぐらい、忙しく過ごさせて頂いております!有難いことです。
セドナは6月に入ったとたんに夏モードが加速中⤴
最高気温が40度近くまで上がってきていますよ。
ご滞在される皆さま、熱中症には要注意です‼

さてさて、本日は鉄道好きな私が以前から興味を持っておりました、
アムトラック鉄道でロサンゼルスまでの移動を体験してきたー!という事で、
こちらの体験記をご紹介しますね。

セドナへいらっしゃる方の大半が、フェニックス空港へ国内線で到着、
その後は陸路で移動、となりますが、セドナから陸路で約50分北へ行った
フラッグスタッフからという街からはアメリカの3大人気鉄道にも名を連ねる、
Southwest Chief号がロサンゼルスのユニオン駅まで走っています。

この列車自体は、シカゴとロサンゼルス間2,265マイル(約3,624KM)を結び
アメリカの8州を走り抜けて、アメリカを横断する列車なのです。
私が今回乗車したのは、後半部分のほんの一部、
といっても566マイル(約905KM)の区間、約11時間の旅です。



時刻表によりますと、フラッグスタッフ出発が8:57PM、ロサンゼルス到着が8:15AM。
この区間をよく利用する友人にどのくらいの頻度で遅れるかを聞いたところ

「遅れた記憶があまりないな、15分ぐらい?」

というので、海外の列車にしてはかなり優秀だわ!と思っていたのですが。。。

列車が出発したのは10:20PM。1時間20分遅れでした。

フラッグスタッフの駅舎



レンガ造りのレトロな感じ。

待合室もこんな感じで、



待ち時間が長かったのですが、皆さんついているTVを見たり、
携帯をいじったり、おしゃべりしたり、と遅れていてもいらいらした様子が
全く漂わない空間でした。

10PMになってようやく、車掌さんから「もうすぐ来るよ」、のお声がかかると皆さんホームへ。

駅員さんは一人しかいないようで、車掌さんが預け荷物を載せた荷台を
引っ張り出して運んでいました。



外は真っ暗。でも星がとってもきれいな夜でした☆彡

そして、来た、来た!列車がやってきました~☆
感動の瞬間!思わず動画で。笑

video


車内の席は、お値段が安い順に

☆Coach 普通の座席(リクライニング)、トイレは共同
☆Roomette 簡易の寝台列車 トイレとシャワーは共同、食事つき
☆Bedroom 寝台列車 部屋にトイレ、シャワー付き、食事つき

に分かれています。寝台列車の一部屋には普通はベッドが2つ。

今回は一人で乗ったのと、

「Coachクラスでもまるで飛行機のファーストクラスだよ!」

と友人に言われた言葉を半分(?)信じてCoachクラスに乗ってみました。
ギリギリにチケットを買ったので$90、安い時期は$50台から出ているようです。
寝台でも時期によっては200ドル台からあるようで、2人で利用するなら
1人$100台で食事も付いたらなかなかいいですよね。

乗車する際は、列車から降りてくる車掌さんにチケットを見せると席の番号をくれます。
この時に1人で乗ることを伝えると、隣に誰もいない席を選んでくれていた様で
お隣も含めて最後まで2席使えました。周りを見ていると皆さんそんな感じだったので、
混んでなければそのように割り振ってくれるようです。

車内に入ったのが10PM過ぎで、前から乗ってきた人たちは既に就寝モード。
電気も暗かったので、あまりよく見えない中、リクライニングがどのくらい
倒れるかのチェック。

翌朝撮った写真。もちろんフラットにはなりませんが、日本の新幹線位かな?



足は平行にして置けたので、思っていたよりは良かったです。
(でもやはり飛行機のファーストクラスではないと思う。。。)

身長153CMの私が前の人がリクライニングしている状態で
足をいっぱいに延ばすとこんな感じ。



隣の席もあわせて使えたので体が小さな私にはなかなかのスペースがありました。

今回は2階建ての列車の2階の席。トイレは1階にあります。
トイレの数はまぁまぁありますが、中は飛行機の中のトイレと同じ感じですね。

乗ってからしばらくすると、車内のアナウンスが。

「本日のアナウンスはこれで最後です。GOOD NIGHT EVERYONE!」

照明もさらに暗くなり、皆さん就寝モードへ💤
さて、眠れるかな~、としばらく外の星を眺めたりしていたのですが、
その日は4:30AM起床で仕事をしていたので、気がついたらしっかり寝てました💤

そして、カーテンの隙間から



こんな朝焼けが!これで目がばちっと覚めました。朝5時。

この時間からカフェテリアが開いたようで、コーヒーや朝食を買いに行く人達が
通路を通るようになり、車内全体も朝モード。そして夜は全く気がつかなったのですが、
子供たちが沢山乗っている車両で、朝からはとってもにぎやかに。

6AMに「GOOD MORNING!」

とアナウンス。

夜はすでに閉まっていたカフェテリアにコーヒーを買いに行ってみると



1階はカフェテリア、2階にはこんな展望スペースがありました。

カフェテリアはこんなものが売ってましたよ。


でももう終点に近いから書いてあるものの半分は無かったです。。。

出発は1時間半近く遅れたのですが、到着は1時間以内の遅れで朝9時。
見えてきました、ロサンゼルスの街の高層ビル群。



そして到着しました~。ロサンゼルスのユニオン駅。
ここからはロサンゼルス空港へのバスも出ています。



今回思った以上に眠れたこともあって、結構気に入ってしまったこの鉄道。
ロサンゼルスとセドナは行き来することが多いので、たまに列車もいいかも!
と思ったのでした。次回は是非寝台列車を体験したい。。。

そして、次回は必ず持って行こうと思ったもの。それは

ブランケット!!

車内が寒い!!寒いだろうと予想して、気温40度近かったセドナから
フリースだけは持って行ったのですが、それでも足りなかったです。
寝台列車だったら毛布等もあるでしょうが、Coachシートは
気温も調整できないので、上に掛ける物が必須です!

個人旅行を計画中の皆さま、鉄道の旅もお勧めですよ♪

本日もご訪問ありがとうございます!
☟ブログランキングに参加中です!皆様の1クリック応援お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村