2018-03-08

*心*セドナ おススメの過ごし方:ラビリンスで歩く瞑想

こんにちは!

2月の終わりにセドナは雪が降りました!
が、あっという間に溶けてしまい、もうこのまま春へ突入かな、という気候です。
この冬は例年と比べると暖かかったなぁ。。。

さて、本日はセドナでのおススメの過ごし方をご紹介いたしますね!

セドナへ旅行に来る目的ってそれぞれだと思いますが、
お客様とお話ししていると、自分自身と向き合うために来ている方も多い気がします。

『瞑想におすすめの場所は?』

なんて質問もよく頂いて、色々な場所をご紹介するのですが
本日は私が気に入っている場所のひとつをご紹介しますね。


ウエストセドナ地域の大通り沿いから1本中へ入ったところに
Lodge at Sedona という宿泊施設(B&B)があります。



この場所は以前にご紹介した大通り沿いのスターバックスのすぐ近くです。

*以前のブログはこちらからどうぞ。


こちらの敷地内には、



こんなラビリンスがありまして、ここは宿泊者以外にも開放されています。

ラビリンス=迷路、迷宮??

という言葉が浮かびますが、迷い込んでしまうものではなく、道は1本だけ。
入り口と出口は同じ場所で、中心まで行って、また中心から戻ってきます。

入り口にはこのラビリンスについての説明書きがあります。



こちらの説明書きによると、このラビリンスはSeven Path Classical Labyrinthという
これまでエジプトのお墓やキリスト教の教会、ネイティブアメリカンの
ホピ族の居住地など、世界の様々な場所で見つかっているスタイルだそうで
昔からスピリチュアルな目的で使われてきたと言われています。


このラビリンスを歩くことで、人々は自分の内面に目を向け、
様々な気づきを得たり、崩れていたバランスが整ったり、新たな希望が湧いてきたり、
と様々なことを体感するといわれているそうです。

こちらにも書かれていますが、ラビリンスには決まった「歩き方」はありません。

歩きだしてからも自分のペースで、立ち止まりたくなったら歩みを止めて、
そこには何かあるのか自分に問いかけてみて、歩きだしたくなったらまた歩いて。

瞑想と祈りの場所と言われる中心でも過ごし方は自由。

戻る時には新しい自分、新しい発想や希望を感じながら、歩いてみるのもいいでしょう。




私は早朝たまにここで歩きながら瞑想しています。

瞑想って聞くとちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、
自分自身に目を向けて、心の中を整理する時間かな、と思っています。

難しいことは考えず、ひとりでゆっくりとこの中を歩いていると
何も浮かばなくてもただただ心地よかった!で終わることもありますが
それはそれで良し。気持ちのいい1日の始まりを迎えることができますよ。




ふかーく深呼吸をして、ゆっくりと歩き始めてみてください。
ここでの時間は誰にも邪魔されない、自分だけの時間なので、
自分のペースで、自分の目的で歩いてみることをお勧めします。



実はこのお隣には





メディスンホイールもあるんです。

こちらのお話も長くなりそうなのでまた次の機会に!




このロッジもいつか泊まってみたいです!

Lodge at Sedona
125 Kallof Place : Sedona : Arizona (AZ) : 86336
http://www.lodgeatsedona.com/



本日もご訪問ありがとうございます!
☟ブログランキングに参加中です!皆様の1クリック応援お待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村






0 件のコメント :

コメントを投稿