*違法なツアー会社にご注意を!*

★セドナの美しい自然を維持するため、訪れる皆さまに知っておいてほしい観光のルール★


1.セドナの大地でツアーを行うには許可書が必要です。


こちらのページでは、ガイドブック、他社さんのホームページなどではあまり語られていない、セドナの自然保護の為のツアー催行に関する規制についてご案内しております。

セドナでは、USフォレストサービス(米国森林局の管理により、商用で(お金を頂いて)お客様をハイキングコースなどへお連れする(ヨガなどの屋外でのアクティビティも含みます)には許可書が必要となります。

4大ボルテックスを含めたセドナ内の屋外のほとんどの場所がこの対象となりまして、

この許可制度に従って運営している会社は、細かい規定(1日毎、年間でご案内できる人数など)を遵守し、お客様から頂いたツアー代金から一定の金額を森林局へ納めています。


これは全てセドナの『自然保護』を目的としたもので、許可証を持つ会社が納めたお金でハイキングコースの整備、自然保護などが行われています。


*弊社は全てのツアーにおいてこの規定を遵守しておりますので、弊社のツアーにご参加頂いた方には、このセドナの自然保護に貢献して頂いているんですよ!*



2.『聖地』、と言われる場所なのに残念な現状があります。。。


残念ながらセドナではこの規制を知りながらも守らずに違法で催行しているツアー会社さんや個人のガイドさん(アドバイザーやオーガナイザーと称している方など多いのが現状です。

楽しい旅行が台無しにならない様、ツアーをお申込みされる前に、必ず「森林局からの許可書を保持しているかどうか」、聞いてみてくださいね。

*日本等で参加者を募り、代金を徴収してセドナをご案内する、という方も増えていますが、その方も許可書を持っていなければセドナのハイキングコースなどをご案内することは違法行為となります。

*最近お問い合わせの多い、子宮の洞窟(バーシングケーブ)やシャーマンズケーブなども残念ながらツアーでお客様をご案内することは許可されていない場所です。




3.違法な会社、ガイドさんのツアーに参加するとどうなるの?



最近は森林局による見回りも強化されていまして、実際にツアー中にガイドさんが捕まり「非常に嫌な思いをした」というお客様からの声も届いております。


もちろん、捕まってしまったらツアーは即中止です。

ここ数年はこの規制はあっても厳しく見回る、ということが行われていませんでしたが、数ヶ月前より頻繁に見回りが行われるようになってきました。

ツアー中にドライバーやガイドが追及を受けていたら、せっかくの楽しい旅行も台無しですよね。限られたセドナでの滞在時間も無駄になってしまいます。

もしも、ガイドさんに事前に

「見回りの方が来たら、『友達です』、『英語分かりません』と言ってくださいね。」

等と言われたら、まさにそれは違法ですよ!最近森林局のスタッフもこの作戦に気がついているようで、かなりきつい尋問が行われているそうです。


弊社のスタッフは見回りの方に質問されても堂々と応えられますのでご安心ください!



4.4大ボルテックスの『カセドラルロック』へはツアーではいけません。


旅行者の方に大変人気のあるカセドラルロック。メディアでも多く取り上げられている事もあり、弊社にも多くのお問い合わせを頂いております。

こちらは個人で行かれるには全く規制がありませんのでご自由に登っていただく事が出来るのですが、上記の規定により、ガイドがお客様をお連れして登る事は禁止されております。


もしもガイドが上までお客様をお連れしていたら違法となります。
*自由時間という形を取り、お客様だけで登って頂くというツアーも森林局の「ツアー中はガイドはお客さまから離れない」という規定からは外れていますので違法となります。


その為、弊社のオプショナルツアーでご案内しております、カセドラルロックを含むハイキングツアーは、ボルドウィントレイルやテンプルトントレイルというコースをお客様と一緒に歩き、カセドラルロックを様々な角度から眺めるツアーとなっております。


NEW!! カセドラルロックの登り方は下記のブログでご案内しております!

自力で行く!カセドラルロック Part 1 Part 2



5.4大ボルテックスの『ボイントンキャニオン』もツアーは禁止です。


4大ボルテックスの一つとして人気のあるボイントンキャニオンのカッチーナウーマンと呼ばれる岩山へ続くビスタトレイルも弊社のツアーではご案内いたしません。こちらも上記と同じ理由でお客様をお連れする許可証はどのツアー会社にも発行されておりません。

*ガイドが途中までご案内し、あとはお客様ご自身で行って戻ってくる、というツアーも見かけますが、こちらも規定に反しています。



6.行き方、登り方は詳しくご案内しています!


先にも書きましたが、個人でカセドラルロックやボイントンキャニオンなどへ登るのには規制はございません。私達スタッフも個人的には何度も登っていますので、登り口までの行き方、登り方のポイントなどは出来る限りお伝えいたしますので、ご質問があればお気軽にお問い合わせください!



この美しいセドナの大自然を残していくためには、皆さまのご理解と違法なツアー会社、ガイドさん達へ「NO」と伝えて頂くご協力が必要です。


是非ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


最後までお読みいただきありがとうございました。


0 件のコメント :

コメントを投稿